Polish Military Equipment Review

ポーランド軍の個人装備研究備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海外派遣部隊のAKM

今回は2005年以降の海外派遣でAKM/AKMSが使われているのか?をちょっと調べてみました。

結論から申しますとイラクやアフガンでは使われていないけれどもゴラン高原やKFORでは数は少ないながらもAKMが使われていた事が解かりました。先ずKFOR派遣部隊の武器庫の写真をご覧下さい 2010年に撮影された物ですがAKMが3丁程写っているのが確認できます。
148.jpg
下の写真は同2010年KFORでの訓練時に撮影された写真ですがこちらでもAKMが確認できます。
1876 (1)
1928.jpg
95.jpg
さらに2006年のゴラン高原での写真では複数の兵士がAKMSで武装しているのが判ります。
akm01.jpg
akm02.jpg

KFORでのポーランド軍の装備はイラクやアフガンへの派遣部隊と異なり国内勤務部隊と同様の装備が支給されていたのですが国内部隊では余り見られないレアな装備も支給されていた様です。

下の写真をご覧下さい なんとMaskpol製HP-1ヘルメットを使う兵士が!
このヘルメットはMoratex製ヘルメット同様に憲兵や警察等に支給されているヘルメットなのですがKFORでは一般の兵士にも少数支給されていた様です。
280.jpg
HP-1とwz2000が確認できますがシルエットの違いがお判りになると思います。ヘルメットカバーに偽装ループの無いプレーンな形状の物がHP-1です 全体的に卵型と申しましょうかドイツのケブラー空挺ヘルメットに似たスタイルですね。
27966666666.jpg
281.jpg
291.jpg
hp1helmet.jpg


個人的に気に為りますのでKFORネタはまたやりたいと思います。
では今回はここまで。 続く....
スポンサーサイト
  1. 2012/04/04(水) 19:42:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Polish Paramedic | ホーム | 超絶私物道2>>

コメント

KFOR・・・

最近全然開催されないユーゴヒストリカルですが、
今度開催される時は90年代ポーランドフル装備で行きたいです。

AKM/AKMSは様々な写真に写っていますが、Wz-88は
98年頃を最後にパタリと姿を見なくなりましたね。
  1. 2012/04/05(木) 23:00:55 |
  2. URL |
  3. ネコ玉 #/msYlnoU
  4. [ 編集 ]

Re: KFOR・・・

砂漠装備は最近のトレンドなんでしょうがやっぱり砂漠迷彩よりは森林迷彩ですよね!個人的にどうも砂漠迷彩装備にはあんまり触手が動きません。 
IFORやSFOR、KFOR ユーゴはネタも豊富ですので森林装備が使えるユーゴ関連の新しいイベントは是非開催して欲しいですね。
>wz88
Wz88なんですが実は2005年に新生イラク軍の支援物資として全て譲渡してしまったので
もう1丁たりともポーランド軍の倉庫にも残って無いみたいです..(同時にRPKとRPK74も全て譲渡)
公式にポーランド軍でwz88が使用されたのが2004年のゴラン高原のミッションですので2004年までの設定でしたら何とか使える様です。
94年の生産終了以降はほぼ空挺部隊専用銃になっていたみたいで何とも不運な銃ですよね。
  1. 2012/04/06(金) 19:35:50 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

右に同じく

砂漠迷彩は私もあまり・・・以前持ってた頭が通りにくかったKLVも
Wz-93迷彩なら手放さずにいたと思います。ポーランド軍に目覚めた
きっかけが90年代のユーゴ紛争期の物だったので、やはりポーランドは
森林迷彩が一番好きですね。

Wz-88がイラク軍に提供されてるのは存じてましたが全部とはw
90年代の装備更新やWz-96の採用もそうですが、ポーランドは個人装備の
開発に熱心であると同時に新旧の切り替えも思い切りがいいですね。
  1. 2012/04/07(土) 23:26:50 |
  2. URL |
  3. ネコ玉 #/msYlnoU
  4. [ 編集 ]

Re: 右に同じく


見切りが早いですよね 製造開始からたった5年で生産停止ですから生産数もそれほど多くなかったんでしょうがイラクへの譲渡はやっぱり弾薬の問題が一番の要因だったのではと思います。不要兵器の処理と援助で一石二鳥って処でしょうか。  そんな不運なTantalですがイラク向けに再生産を予定しているみたいですよ。Berylみたいに近代改修モデルのTantalも登場するかも知れませんね。
  1. 2012/04/08(日) 22:16:58 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wojsko.blog.fc2.com/tb.php/20-df76c55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mizuno

Author:mizuno
冷戦期から現在までのポーランド軍とブルガリア軍装の研究、収集をしております。別館のPolish & Bulgarian Militaria Pavilion も運営中

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

装備品レビュー (7)
軍装研究 (11)
未分類 (4)
小話 (0)
資料 (5)
エアガン (1)

検索フォーム

Translate

QRコード

QR

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。