Polish Military Equipment Review

ポーランド軍の個人装備研究備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第6空挺旅団  名称変化資料



6 Dywizja Piechoty (1919-1939) 6DP/第6歩兵師団
1 Samodzielna Brygada Spadochronowa (1941-1947)/1SBS/第一独立パラシュート旅団 
6 Pomorska Dywizja Piechoty (1944-1957)/6PDP/第6ポモルスカ歩兵師団
6 Pomorska Dywizja Powietrznodesantowa (1957-1986)/6PDP/第6ポモルスカ空挺師団
6 Pomorska Brygada Powietrznodesantowa (1986-1990)/6PBP/第6ポモルスカ空挺旅団
6 Brygada Powietrznodesantowa (1990-1992)/6BPD/第6空挺旅団
6 Brygada Desantowo-Szturmowa (1992-2009)/6BDSz/第6空挺強襲旅団
6 Brygada Powietrznodesantowa (2009~)/6BPD/第6空挺旅団


第6ポモルスカ空挺師団 6 PDP 1957-1986

6 Pomorskiej Dywizji Powietrznodesantowej ( Krakowie) 第6ポモルスカ空挺師団
6 Batalion Powietrznodesantowy ( Niepołomicach ) 第6ポモルスカ空挺旅団
10 Batalion Powietrznodesantowy im. Ludowych Partyzantów Śląskich (Oświęcimiu) 第10空挺旅団
16 Kołobrzeski Batalion Powietrznodesantowy ( Krakowie) 第16コウォブジェスキ空挺大隊
18 Kołobrzeski Batalion Powietrznodesantowy ( Bielsku-Białej) 第18コウォブジェスキ空挺大隊
33 Batalion Powietrznodesantowy (Rezerwowy) ( Niepołomicach) 1976  第33空挺大隊 1976
6 Batalion Zabezpieczenia i Remontu ( Krakowie )→ 8 Batalion Zabezpieczenia 第6修理警備大隊修復→第8警備大隊
5 Dywizjon Artylerii Mieszanej (Krakowie)  第5砲兵大隊
6 Dywizjon Artylerii Przeciwlotniczej (Krakowie)→ 120 Bateria Artylerii Przeciwlotniczej 第6高射砲大隊→第120高射砲大隊
35 Dywizjon Artylerii Samobieżnej (Krakowie-Rakowicach )1976  第35自走砲大隊 1976年
6 Kompania Łączności (Krakowie) 第6通信中隊
11 Kompania Saperów (Krakowie)第11技術中隊
15 Kompania Medyczna (Krakowie)→ 8 Batalion Zabezpieczenia 第15医療中隊→第8警備中隊
22 Kompania Chemiczna (Krakowie) 第22科学中隊
24 Kompania Zabezpieczenia Zrzutowisk i Lądowisk → 8 Batalion Zabezpieczenia 第24着陸警備中隊→第8警備中隊
39 Kompania Obsługi i Regulacji Ruchu (Krakowie) 第39勤務交通規制中隊
48 Kompania Rozpoznawcza (Krakowie) 第48偵察中隊
スポンサーサイト
  1. 2013/05/14(火) 01:39:04|
  2. 資料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

包帯レビュー

こんばんは、 
61966_402816819788513_205327973_n.jpg
新型の包帯パックを括りつけた憲兵
ポーランド兵の肩に括りつけられた大きな包帯パック 結構邪魔そうな感じですし他国の物と比べてもかなり大型........一体何が入っているか気になって居る方も多いと思います。包帯パックなんて中々中身を見る機会も無い物ですがちょうど税関にベリベリっと開けられた開封品が手元にありましたので今回は包帯パックの中身をレビューしてみたいと思います。
aid01.jpg
包帯パックはビニ-ルで防水加工された綿製の袋に真空パックされています。2007年製造品の様です。
newandoldsize.jpg
新旧サイズ比較
サイズは旧型の物よりかなり大きくベリルのマガジンよりも体積があります。
又、軍服の包帯用ポケットに収納する事も出来ない程大型な為近年は装備品やベリルのストックにテープで括り付けて携帯している場合が多い様です。
aid02.jpg
内部には白い紙に包まれた止血パットと固定用の薄緑色の薄いゴム布があります 細いタコ紐にて固定されていました。 
aid04.jpg
吸水率の高いシートが使われています。
aid03.jpg
包帯部分はゴムの織り込まれた弾性ある薄い布で出来ています。この布部分にて止血パットを包み込み付属のゴムバンド付きアルミ固定具で固定して使用します。
0c7dc12439cb1ac53e266c053918f42e.jpg
又 この包帯部分は偽装素材として使われる事も多く包帯意外にも色々と使えそうな感じです。
polishaid0013.jpg
偽装素材にも、
szkolenie_medyczne04.jpg
もちろん包帯としても、

では今回はこの辺で.......
  1. 2012/12/11(火) 18:52:38|
  2. 装備品レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電動Beryl用アクセサリー レビュー

こんばんは

気が付いたら前回更新からもう1ヶ月以上開けてしまっていますね...
今回は突然ですが電動Beryl純正アクセサリーをレビューしてみたいと思います。
berylasg01.jpg
オプション装着ARES BERYL ASGと未装着のARES BERYL ASG

肝心のアクセサリーですがマガジン以外はラドム社が製造しております.... 問い云う事で外観的には全く文句の付け様が無いですので 取りあえずその素敵な姿をご覧下さい!!

berylasgmodver01.jpg
この電動ベリルは元々軍のトレーニング用にラドム社がARESに依頼して制作された物ですので民間用パッケージ以外に官給仕様のパッケージが存在しております。軍への納品価格は3500PLNと結構高価。 現在、生産元のARESのサイトには載っていませんがラドム社のサイトにはページが存在しており正規のベリルファミリーとしてこの電動ベリルは数えられています。
ラドム社から軍に納品されているパッケージ 内容は以下の様になっています。


軍向けパッケージ 内容内訳 
軍納品価格1セットあたり3500PLN 

BERYL ASG (オプションパーツ組み込み済み)
リアルカウントマガジン x7
120連マガジンx2
バッテリー
充電器
スリング
BB弾 9000発
LI-PO バッテリーモニター
輸送箱
シリコン オイル
防護用の眼鏡。

berylmodwz2004.jpg
ぺたぺたとアクセサリーを付けてみました。ああ、かっこいい。

Beryl用アクセサリー

レールハンドガード
berylasg05.jpg
berylasg06.jpg
berylasg07.jpg

アルミ製でペイント仕上げと思われます。レールのエッジは落としてありますので手を怪我する事も無さそう。
中々良いデザインのハンドガードですので他のAKにも使いたい所ですが取り付け方法が特殊な為ベリル以外には基本的に互換性は無いです。

レールマウント
berylasg04.jpg
berylasg03.jpg
鋼鉄の削り出しでマウントのガタツキ等も無く非常に頑丈な造りです。表面処理はパーカーっぽい染め仕上げ 電動のフレームに対応させる為にリベット固定位置がずらしてありますので実銃とのパーツの互換性は無し こちらもマウントの取り付け方法が特殊な為ベリル以外には互換性は一切無しです。

伸縮式ストック
berylasg08.jpg
berylasg09.jpg
4段階に長さ調節が可能、基部、ストックパイプ共に鋼鉄製です。 表面仕上げは黒染め処理でナイロン系樹脂パーツの仕上げも美しいです。取り外し可能のラバーパットが付属しています。


では今回はこの辺で... 

  1. 2012/11/22(木) 22:10:55|
  2. エアガン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MIWO LUBLINIEC Kamizelka 4101 レビュー

こんばんは、 今回はMIWO LUBLINIECの新作プレートキャリア4101のレビューです。
待つ事1ヶ月......やっとLUBLINIECから到着しました~。相変わらず時間が掛かりますが待った甲斐が在りました。先ずはその素敵な姿をご覧ください!! 

Kamizelka 4101
miwo410101.jpg
正面

本来ならJWK用装備としてはマルチカムが良いのでしょうが個人的に一般兵大好き&パンテラ装備大好きって事で今回はwz93コーデュラ、25mmポリアミドテープ仕様でオーダーしてみました。
流石にJWKの依頼で開発されたプレキャリだけ在ってとても着心地も良くとても洗練された感じです。(特に肩部分のパットが適度の柔らかさで非常に良い感じ。)商品名はMIWO LUBLINIECの伝統の昆虫の名前では無く番号表記になりちょっと寂しい感じですがこの4101と云うネーミングはこのプレキャリがJWK用に造られた事からも判る様にJWKの事を表しています。(JWKはポーランド軍の部隊コードでJW4101と呼ばれてます。別にLBTの真似で番号表記に為った訳では無い様です。多分.....)
miwo410112.jpg
ポーチ無しの状態

フロント上3段の内1,2段にはベルクロテープが貼られておりネームパッチや国旗パッチ等が貼り付けが可能。又、下部3段は上3段と離れておりポーチの取り付けに4段以上使うタイプのポーチの使用の際にはコマを飛ばすか垂れ下がった状態でしか取り付けることが出来ない様になっています。(M4系のポーチの場合問題は無いですがAK用のポーチを取り付ける場合問題が出てくるかも知れません。)  

このプレキャリには縦3段対応の4連ポーチが取り付け可能の筈ですが.....ココでポーチ側の問題発覚...今回一緒に買った MIWOの4連ポーチが今回のロットは何故か横10コマ対応.. Oh, なんてこったい! (前買った4連ポーチは8コマ対応でしたので買う時期により仕様がコロコロ変わるのみたいです....) と言う事で4連ポーチを使いたい場合はマリスクリップを取り合えず用意しておいた方が好いみたいです。 

miwo410110.jpg
内部は幅広のストラップでプレートを固定出来る様に成っていますのでSAPIのM/L両方に対応可能。

そして、特筆すべき機能としてはQR機能が付いております!!
最近のアーマー系では珍しくも無い機能ですがプレキャリでQR機能が付いているのは非常に珍しいですね。

QR(クイックリリース)機能
miwo4101qr01.jpg
フロント上部QRハンドル
miwo4101qr02.jpg
フロント下部QRハンドル
QRハンドルは面白い事に2箇所あります。どちらを引いても分解可能ですが
上部のハンドルは結構引き難いので下部のハンドルを引いたほうが良さそうな感じです。(組み立てが面倒なので完全な引き抜き実験はしていませんので違っていたらごめんなさい。)


miwo410102.jpg
miwo410104.jpg
側面

今回は4101と同時にJWKの依頼で開発されたフラットアドミンポーチとミニファースエイドポーチをカマーバンド部分に取り付けてみました。流石に同時開発の装備だけ在ってデザインの相性も好くポーチのサイズも4101に最適です。
カマーバンド部分にはSAPIサイドプレートが収納可能 米軍規格のサイドプレート対応の為Termitのサイドプレート部分の様に動きを制約する事無く非常に使い易いと思います。


miwo410103.jpg
背面

背面にもハイドレーション用チューブを固定するストラップが付いていますのでしっかりと固定可能。


細部
miwo410105.jpg
ハイドレーション用固定ストラップ
miwo410107.jpg
カマーバンド 裏側
miwo410106.jpg
フロントベルクロ部分
miwo410108.jpg
背面サイズ調整用ストラップ
miwo410109.jpg
背部ベルクロ部分
miwo410111.jpg
タグにはKamizelka4101との表記が有ります。
(Kamizelka)はポーランド語でベストの事ですので直訳すると4101ベストと成ります。

総評

良い点
◎JWK御用達の官給品装備
◎肩パットが肩の負担を軽減
◎デザインが良い
◎QR機能

悪い点
X上部QRハンドルがちょっと引き難い
X背面ベルクロ凸部分にむき出しの部分があるのでポリエステルモデルの場合テープが痛みそう

結論

JWKファンもそうでない方にもオススメです。


  1. 2012/10/15(月) 21:10:49|
  2. 装備品レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Misja Afganistan情報2

こんばんは 今回はポーランドのTVドラマMisja Afganistan で使用された装備品を調べてみました。 
撮影に使用された装備は主にMIWO LUBLINIEC製ですがCONDORやTasmanian tiger製品も多く使われている様です。では装備を見てみましょう~

Tasmanian Tiger

Tasmanian Tiger Ammunition Vest 
20120731-RP-1_81_0000.jpg
Tasmanian Tiger Plate Carrier 
20120726-RP-1_65_0000.jpg
手前はMIWO製 奥の人物のプレキャリが官給品ポーチを取り付けたTasmanian Tiger製です。

CONDOR

Condor QPC Quick Release Plate Carrier  
06misja.jpg

サバゲ用品

Recon Vest  
szkolenie.jpg
Crye Armor Chassi  
20120717-RP-2_21_0000.jpg

米軍装備

OTV
11misja.jpg
ACH helmet
20120801-RP-1_73_0000.jpg


MIWO LUBLINIEC

SCARAB  オリーブ 25mm
20120716-RP-1_108_0000.jpg
TERMIT PLUS パンテラ 20mm
afganistan10.jpg
Plate Carrier パンテラ 25mm
20120718-RP-1_65_0000.jpg
KP-12 パンテラ 20mm
fot_M_Makowski_CANAL_Tomasz_Schuchardt_serial_Misja_Afganistan_1.jpg
KP-12 デザート迷彩 25mm
10misja.jpg


端役の方々は官給品装備が多い様です。


ではまた次回.....
  1. 2012/09/29(土) 22:35:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

mizuno

Author:mizuno
冷戦期から現在までのポーランド軍とブルガリア軍装の研究、収集をしております。別館のPolish & Bulgarian Militaria Pavilion も運営中

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

装備品レビュー (7)
軍装研究 (11)
未分類 (4)
小話 (0)
資料 (5)
エアガン (1)

検索フォーム

Translate

QRコード

QR

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。